チョーキングで塗り替え時期がわかる?

外壁や屋根の塗装は、毎日のように屋外で紫外線、雨風、排気ガスなどで、年月とともに耐久性が劣化していきます。

劣化すると少しずつ粉化していき、塗料の中の顔料がチョークのような粉状になります。
外壁の表面を手でスーッと触ると塗装と同じ色の粉が手につくようになります。
これをチョーキング現象といいます。
このチョーキング現象が起こっている状態で長期間放置すると、外壁を痛めることもあるため、ひび割れよりも塗替えの緊急度は高く、場合によっては大きな工事が必要
になってしまいます。
外壁塗装の塗り替え時期は分かりにくいですが、このチョーキング現象はさわるだけで分かるので、この現象を外壁塗装の目安にす
ると良いでしょう。
定期的にチョーキング現象を自己診断し、粉が付いたら塗り替えのサインでしょう。
 

関連記事

超耐久性の水性セラミシリコンシリーズによる外壁塗装

水性セラミシリコンは、従来の水性塗料と比べ格段に優れた耐久性と低汚染機能により、長期にわたって壁面を美しく維持することができます。 水性セラミシリコンシリーズの特長 超耐久性 シロキサン結合を持つ架橋塗膜は、紫外線、湿気[…]

[» 続きを見る]

はじめまして

ホームページ新規開設いたしました。 塗装に関するお役に立つ情報をお伝えできればと思います。 宜しくお願い致します。

外壁塗装・屋根塗装の塗り替え時期について

外壁塗装 外壁塗装は見た目を綺麗にする為だけが役割ではありません。防水の強化や木部・鉄部の腐食防止など、目に付きにくい部分でお客様が快適に生活する為の役割を担っています。 こんなとき ひび割れがある 色落ち・汚れ・カビが[…]

[» 続きを見る]

屋根用遮熱塗装「クールタイトシリーズ」について

クールタイトシリーズは、建造物の屋根に塗装することで、優れた遮熱効果を発揮する屋根用の遮熱塗料です。 室内環境の向上、冷房費の節約に役立ちます。 水性セラミシリコンシリーズの特長 優れた低汚染機能 シロキサン結合を持つ架[…]

[» 続きを見る]

外壁用遮熱塗装工法「クールテクト工法」について

クールテクト工法は微弾性を持つ下塗り層と、遮熱性・低汚染性を持つ上塗り層で構成され、 太陽光による外壁の温度上昇を低減させる外壁用遮熱工法です。従来の外壁用塗料と比較して、塗膜裏面温度を最大-17℃低減します(当社規定の[…]

[» 続きを見る]